Fandom


26-250:名無シネマさん :2006/05/31(水) 16:05:03 ID:XcZ/HPMt

ロバート・デ・ニーロの「HEAT」
銀行を叩く、と警察に匿名でタレこみしたのに、どうやって警察は
タレこみ元をつきとめたのかわかりません。

26-278:名無シネマさん :2006/06/01(木) 01:17:26 ID:xnDUkRV+

>>250
吹替版で見るとわかりやすいけど、あのタレこんだ男は盗み専門の情報屋で、
窃盗課の刑事からの情報で彼だと予想して踏み込んだ。

29-346:名無シネマさん :2007/01/13(土) 20:15:14 ID:aI9avu7u

以前木曜洋画劇場で「ヒート」の吹き替えバージョンを見たのですが
海辺の家で二ールとクリスが話している時のニールの台詞で
「ジミーマッケロインが言っていた事を覚えているか
 この家業を続けたければ何も身に着けるな、
 目前に危機が迫ったとき30秒で逃げおおせるには~」
この台詞に出てくるジミーマッケロインって誰ですか?

29-347:名無シネマさん :2007/01/13(土) 20:21:31 ID:DN7pQr7w

>>346
知り合いの同業者。ただそれだけ。

29-348:名無シネマさん :2007/01/13(土) 20:32:36 ID:aI9avu7u

>374
なるほど、知り合いの同業者ですか。
ジミーマッケロインは他のシーンでは出てきて無いですよね?
この台詞の中に名前だけ出てきた人物でOK?

30-556:名無シネマさん :2007/04/12(木) 21:30:36 ID:zjky9Ax3

今さら「ヒート」でスマソ。
ネタバレになるかも。


ラスト近く、彼女と空港に向かうデニーロがウィングローが
泊まってるホテルに寄って殺しに行きますよね。
ホテルの受付の陰にショットガンが立てかけてあったのは
ウィングローを始末しにデニーロが来るかもしれないと予測してたから?
それにしては警備の警官が少なすぎるような気がしたので
ちょっと疑問に思ってしまいました。
あとウィングローが泊まってるという情報を流したジョンボイトは
純粋にデニーロの為に教えた?
それとも警察と裏取引をしてデニーロを売った?(考えすぎかな)
以上2点、どなたかお願いします。

30-558:名無シネマさん :2007/04/13(金) 11:26:02 ID:4Wiqxoqy

>>556
・・・を始末しにデニーロが来るかもしれないと予測してたから?
そうだろうね、警備の数が少ないのはさっさと高飛びしてるだろうから殺しに来る可能性は低いと思ってたから?
・・・それとも警察と裏取引をしてデニーロを売った?
タレ込み屋のヒューから聞いた情報を裏社会に流すようにパチーノが指示してたから別に他意はなかったでしょ

30-559:556 :2007/04/13(金) 16:26:09 ID:wqbcy+jM

>>558
ひとつ目。
関係者を張ってはいたがそこに重点を置いているわけではなかった、と
いう感じですかね。
確かにデニーロそのものを追っていた感じだったもんね。
ふたつ目。
そうか、パチーノが情報を流すんだったっけか。
Jボイトが裏取引をするというのはちょっと勘ぐり過ぎましたね。
なんとなくボイトの顔に殴られた痕があって裏切ったような
気がしてたんだけど、しばらく見ないうちにそこだけ「レオン」の
店主のダニーアイエロと混同してしてしまったようです。
でもすっきりしました。ありがとです。

33-214:名無シネマさん [sage] :2007/12/07(金) 20:29:33 ID:tpF0UA5y

ヒート
後半パチーノがデニーロを逃がしたと思い、奥さんと喧嘩してる為「今日はホテルだ!」とホテルに着くと
なんで娘が倒れてんの?自宅なら分かるがホテルに娘がいる意味が分からん。

33-217:名無シネマさん [sage] :2007/12/08(土) 20:52:52 ID:wnkhCqA4

>>214
娘は義理パパンのパチーノになついてたから。
(本当のパパンとの面会をすっぽかされてパチーノに慰められるシーンあった)
だから頼って来たと。

33-220:名無シネマさん [sage] :2007/12/09(日) 04:55:30 ID:1KXcNcmm

>>217
うーん、しっくりこないですね。
確かにパチーノとそれなりに仲良さそうな描写があったけど序盤から頼られてたのは明らかに母親だし
パチーノとは頼られる、懐かれるとかじゃなくて友達感覚って印象を受けたんだけどなぁ。
あの場合、家を出ていったパチーノより自宅に残ってる母親側にいるのが当然、でパチーノについていくってのは無理があるような・・・
無理矢理でも解釈しなきゃ駄目か。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。