Fandom


28-251:名無シネマさん :2006/10/11(水) 17:47:03 ID:w3QM5S7I

「ドニー・ダーゴ」っていう灰色の兎が世界の終わりを告げる話だが
結局主人公は最初のベットシーンに戻って死んでしまった…。
結局灰色の兎はなんだったのか? 目に傷を負った少年の意味は何?
結局あれは主人公の妄想ってこと?

28-252:名無シネマさん :2006/10/11(水) 18:39:45 ID:JaIMj1Sc

>251
兎に対しては妄想で良いかと思います。ストーリー事態は現実で良いかと。
兎は主人公(が確かドニーダーゴだと思ったけど)だけが見えている幻。出現の目的は
主人公に運命告知と選択をさせるため。
兎の中身は未来に自分が殺すであろう男。その男が殺される理由は主人公の恋人を殺されたから。
傷は銃創。
私も2つ考えていました。
1つは、ベットに寝ている時に飛行機のエンジンが落ちる。その死ぬ瞬間に見たストーリー。(全てが妄想系)
2つめは、映画中起こったことは主人公にとって現実に体験していて、そのままがストーリーの流れである。
主人公が死ぬときのエンジンの落下は未来の飛行機のものですから、タイムスリップは映画中では現実に起こっているわけです。
そこから考えると、兎だけ妄想(というか主人公の運命を知らせる現象)だったと考えるのが妥当かと思います。

28-256:名無シネマさん :2006/10/11(水) 23:34:02 ID:w3QM5S7I

>>252
詳しい解説サンクス☆ なるほど…。兎も傷の男もそういうことか。
ホント「ドニー・ダーゴ」は斬新すぎて読み取りが難解杉。
おかげで理解できました。
で。申し訳無いが他理解できない点も聞いて良いかな?
ドニーが像を破壊したり、水道を破壊したのは本人だよね? 
彼が夢遊病で無意識に破壊したの? それとも妄想で自分で破壊したのを彼(灰色兎)
にやらされたと言って自分で実行したの? どっち?

28-257:名無シネマさん :2006/10/12(木) 11:12:09 ID:lnWXQQgu

>256
兎=傷の男というのは、確か映画館で兎頭を脱いで話すシーンがあります。
えっと水道管を壊すのは、ストーリーがまだ「?」な最初の時だったかと。ちょっと記憶曖昧ですが、
主人公は学校の授業で破壊について語られる。主人公は破壊はある種の創造、「破壊の先に何があるのかを知りたい」
衝動が破壊の理由の一つであると感じた。その夜に兎に学校を破壊するように示唆される。
だから学校を壊しまくって、その破壊の先に何が生まれるかを見てみたかった。
結果、破壊によって、休校になり、それがきっかけで主人公には恋人が出来た。
最初は兎は悪の囁き?とか思うのですが、ストーリーを追っていくと兎は悪の存在では無さそうーって感じになります。

28-258:名無シネマさん :2006/10/12(木) 11:17:54 ID:lnWXQQgu

>256
主人公がまともなのか、乱暴や異常の始まりか、兎が現実なのか妄想か、
最初は判断できないと思います。
日本で言う守護霊の予知夢って感じでしょうか。

28-268:名無シネマさん :2006/10/13(金) 14:25:20 ID:b9mcctbF

>>257 >>258
度々解説感謝☆ なるほど深いですね…。あのシーンがそんな意味が
込められているとは…。俺はそういう映画の細かな真意を巧く読み取れない
傾向があるので理解できませんでしたが、此処のおかげで理解できました。
サンクスw

30-154:名無シネマさん :2007/03/05(月) 21:34:25 ID:/s7OgB50

「ドニー・ダーコ」
エンジン落下後の28日間はパラレルワールド説と死ぬ間際の夢説が
あるようですが、パラレルワールドだとすればフランクうさぎは
ドニーの幻覚でしょうか?
射殺されたのはリアルフランクだというのは分かるのですが。

30-158:名無シネマさん :2007/03/05(月) 23:27:36 ID:eBurg3ad

フランクうさぎは、幻覚でしょうねー。
ちなみに私は死ぬ方が夢だと思ってる。
死んでからが夢。

30-159:名無シネマさん :2007/03/05(月) 23:28:47 ID:eBurg3ad

あ、ごめん。
>>158 は >>154 へのレス。

30-160:名無シネマさん :2007/03/06(火) 04:14:17 ID:qm5VpaEB

ドニーダーコはみんなの幸せが自己犠牲でなりたつという話でうさぎはおこる出来事の予知だと思ったが違うのか?
わかんなくなった

30-161:154 :2007/03/06(火) 21:45:45 ID:VsZVdCVf

>>158>>160レス㌧
やはりいろいろな見方があるんですね。
意見を参考にして自分なりの解釈を見つけたいと思います。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。