Fandom


26-138:名無シネマさん :2006/05/24(水) 20:05:31 ID:WpuN57wT

ディープインパクト
最初に隕石の衝突の可能性に気づいた科学者の人は車の移動の途中で事故って死んでしまいますが
その後それが引き金になって状況が悪化するでもなく
普通に政府に隕石衝突の知らせが届いていて話が進みます。
あれの事故のシーンは何の意味があったのでしょうか

26-139:名無シネマさん :2006/05/24(水) 20:52:17 ID:Bht6uXQ7

>138
あの科学者がマスコミや一般人にチクる恐れがあったから。
主人公のティアレオーニも途中で何かを知るが
大統領じきじきに少し待ってくれと頼まれている。
パニックが起きるのは避けられないので、いろいろな準備を
経てから政府の情報公開をする手はずだったと。

26-177:名無シネマさん :2006/05/26(金) 18:21:30 ID:dro3GL9l

>>138 >>139
え?そうだったっけ?
あの事故のせいで、発見というか報告は遅れたはずだと思ったけど。
最初の事故のシーンと、隕石の情報が政府に届いていたシーンには
かなり間があったはず。

26-178:名無シネマさん :2006/05/26(金) 19:03:29 ID:z5Sdk5Mu

>>177
そうだね。
最初の発見者が不運に事故で死んでしまい、
隕石発見報告が遅れてしまい、
観てる側がヤキモキするってシーン。

26-180:名無シネマさん :2006/05/26(金) 19:11:22 ID:JgD0ee0A

>>177であってるよ。
最初の爺さんが報告出来なかったので発見が遅れ、
政府のミサイル爆破等の対策手段が後手後手になって惨事になったというストーリー。
ちなみにこのストーリーは、同時期に制作されていたアルマゲドンと差別化をした為、パニック&人間ドラマ風味にしたとか。
アルマゲドンは最初の隕石が都市部だったから政府の認識が早く、ロケットを準備する時間や訓練する時間があったらしい。
ソースは公開時の雑誌のプロデューサーインタで。

30-179:名無シネマさん :2007/03/10(土) 20:31:38 ID:Yk++jcsF

ディープインパクト
海岸?みたいなところで死ぬ覚悟をして波に飲み込まれる男女(親子かな?)
の二人の俳優さんは誰と誰ですか?
名前が知りたいのでわかる方いましたらよろしくお願いいたします。

30-180:名無シネマさん :2007/03/10(土) 20:55:25 ID:7g/xn37c

>>179
これを見て探せ
http://us.imdb.com/title/tt0120647/

30-181:名無シネマさん :2007/03/10(土) 20:55:25 ID:v4Bavzsp

>>179
ティア・レオーニとマキシミリアン・シェル

30-201:名無シネマさん :2007/03/12(月) 00:03:24 ID:3Iizm7q8

ディープインパクト(日本語吹き替え版)について質問
ラストの大統領演説で
「しかし、水は既に引いています」と二回言うのは何故ですか?

30-204:名無シネマさん :2007/03/12(月) 00:18:09 ID:uYP/25lE

>>201
「水は既に引いています」
=「危機は去りました、私たちは再び立ち上がることができます」的なことを強調するためかな?

30-205:名無シネマさん :2007/03/12(月) 01:06:46 ID:3Iizm7q8

>>204
そうですね。モーガン・フリーマンに「水は既に引いています」と二度も言われたら
たとえ隕石がぶつかろうと安心できそうな気がします。ありがとうございました。

33-323:名無シネマさん [sage] :2007/12/20(木) 18:23:56 ID:SdXe1Woh

「ディープインパクト」
序盤、女性ジャーナリストが大統領周辺を嗅ぎ回っていたことに対し、
SPと思われる連中が強引な手段で(脅しつつ)大統領に面会させましたが、
あのような強引な手法を採る必要性はあったのでしょうか?

33-324:日本ではでは党総裁 [sage] :2007/12/20(木) 19:00:04 ID:81zzlB5K

>>323
国家の(つか、地球そのものの)緊急時に
いたずらに事態をかき回そうとしている不届きな輩に穏便な方法をとってあげる必要もないし、放置すればするだけよけいな問題の火種になるんだから

33-325:名無シネマさん [sage] :2007/12/20(木) 21:28:34 ID:Fu2CO6Zx

書類申請で半年。コネを使って議員経由でたらい回し。
マスコミに訴えて世論を喚起させようと2年。さらに続く…
要は物語の都合
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。